--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年11月28日 (火) | Edit |

ず~~っとHordeでやってきて、やっぱり気になるわけですよ。未踏の地。Allyの陣地。
別にHordeのキャラで乗り込んでも良いわけですが、私は平和主義者ですから・・・。気になるなら、行っちゃおうじゃない!ということで、ProudmooreのAllyに新キャラ作っちゃいました^-^


精一杯、かわいくしてみたつもり・・・


なんでこのサーバかというと、日本人が多そうだから・・・(単純)。種族は、ちっちゃくてカワイイのが好きなのでGnome(ノーム)にして、職業は1stで貧乏街道決定なので、やっぱりWarlock。名前は、「小さいまりも」なので「こまり」にしました。「困り」じゃないよ><


Gnomeはスタートが雪国です。走ると足跡がついたり、パウダースノーが舞ったり、よぉぉく見ると吐く息が白かったり。その雪のなかで、「まり(毬)」のように飛び跳ねるGnomeを見て、名前の由来、これでもいいかもって思っちゃいました。ちょこんとして、しぐさカワイイ~~。あまり顔は見ないでおこう・・・。



さぁ、さっそく狩りです。Warlockたるもの、下僕を使役してこそ一人前です。この下僕たち、クエストをこなすことによって報酬としてもらえるのです。雪の中に立つDwarfのおじさんが、狼のお肉を取ってきてと言うので、狼さんと遊びまくり~~~。


頭の上の「?」がクエストを終了できるしるし。


レベルが上がるにつれ、いろんな人たちからクエストを受けられるようになります。片っ端から注文を聞いて、雪原を走る!走る!
走ってるとクエスト終了の人が立ってたり。かなり適当にこなしていきます。英語わかんないんだもん・・・。


そしてようやく、下僕のImp(インプ)をゲット!下僕の名前はランダムでついてきます。なんて名前なんだろ~~~と、ドキドキしながら初召喚。



ガ、ガキャピー?!正確な発音はわかりませんが・・・ちょっと言いにくいので、これからはぴーちゃんと呼ぶことにします。ぴーちゃん、末永くよろしく~~。


Impは攻撃魔法を使います。もともとのKomariの攻撃にプラスされるので、狩りは格段に楽になります。初期村にある唯一の洞窟もサクサクっと攻略し、レベルは6に。もうここには困っている人はいません。次の町に旅立つときがきたようです。


途中で拾ったローブがノースリーブで寒いのなんのって・・・


その前に、冷えた体をぬくぬく^-^

スポンサーサイト
テーマ:World of Warcraft
ジャンル:オンラインゲーム
2006年11月26日 (日) | Edit |

OrcのWarlockをやっているのですが、あまり同種族でこの職業をやっている方をみかけません。lockするならUndeadってのが主流みたいですねぇ。それ以前にOrc自体、やってる方少ないのかも・・・tt


地道にほぼソロで47まで上げてきたMarimon。ソロだと寂しいから、相棒と一緒にいられるlockにしたのに、人から「召喚獣は下僕でしかありえない」と言われへこみました><
事実、レベルの低いうちは召喚獣といえども「相棒」だと信じていたので、ヤバイ状況になってもお互い守りあい、華々しく散っておりました・・・
それが最近では・・・すっかり「下僕」の扱いが板についてきて、「これはまずい!」と思ったら召喚獣にその場を任せて、自分はすたこら大逃げ。下僕使い捨て万歳!おかげで最近死んでません。


47まできたら、48になって新しいスキルを覚えたいところ。(WoWでは偶数レベルに新しいスキル、呪文、ワザを覚えます)


緑が濃いね~~。全体に暗いイメージ

本日の狩場に選ばれたのは、Feralas。まだMarimonでは行ったことがありません。前述のライオンこうもりに乗って、近所のThousandNeedlesに行き一路西へ。着いた町(村かな・・・)は、うっそうとした森の中の道路沿いに開かれたのどかなところでした。
この町で受けられるクエストは42~なので、Marimonと下僕のHathtaz(相性ハチ)には余裕です。




Ogreと遊んだり・・・(でかいよ!)




巨大昆虫と遊んだり・・・(でかい虫、気持ち悪い~~~!)


遠めちいちゃくてカワイイのだけど、アップにするとかなりグロテスク


メカニワトリとお散歩したり・・・(エスコートクエストといって、依頼者を安全なところまで護衛して終了するのです)


そんなこんなで、無事48に~~。目標に達したので本日は一休み^-^

テーマ:World of Warcraft
ジャンル:オンラインゲーム
2006年11月25日 (土) | Edit |

さんざん前記事でWoWを持ち上げましたが・・・


初めてのフライト!マウント!この感動をお伝えするのを忘れていました^-^


WoWには、さまざまな都市間の移動手段が用意されています。

Ally側には地下鉄
Horde側には飛行船
両陣営に船

そして、もっと細かな移動に適しているのが、

Ally側はグリフォン
Horde側はライオンこうもり(?!)



大規模な移動となる地下鉄と飛行船では、途中で境界線があって画面が切り替わりますが、生き物にまたがっての飛行では、WoWの広大な美しい世界を楽しみながら(下で狩りしている人も見える。下からも見える)フライトできます。
もちろん、誰でもすぐに乗りまくれる訳ではなくて、ちゃんと最初は自分の足で乗り場ポイント(FPという)をゲットしておかねば使えません。


都市にはフライトでラクラク着いたけど、狩場までの移動が面倒だよ~~!!というあなた。
そんな苦労は40までです!
40になると、各種族ごとに用意された動物(高額商品)に乗って、素早く移動できるのです。めちゃくちゃハヤイわけではありませんが・・・。



ちなみに写真はWarlockの召喚するFelsteed(火馬)です。たちどまってSpaceKeyで後足立ちになって前足を掻くのでチョーかっこいいです。Warlockはお金ださなくても乗り物ゲットできるので、貧乏に自信のある人にはおすすめ^-^


あぁ、乗ってる人が怖いって言わないでtt

テーマ:World of Warcraft
ジャンル:オンラインゲーム
2006年11月21日 (火) | Edit |

さてさて。とても楽しいWoWの世界ですが・・・。


 こんにちは。代理のスノーマンですぅ


最大の魅力のひとつは、レベル上げが簡単(それなりに努力は必要ですが)ということでしょう。最近はやりのMMOはほとんどがクリックひとつで戦闘開始→終了で、ダンジョンに通い詰めたり敵を奪い合ったりで、面倒くさいレベル上げのための単調な狩りをしなくてはなりません。
WoWにはそれが必要ないのです!事実、1stは単調な狩りを一切することなくLv60のカンストまでいきました。かかった日数は4,5ヶ月ほど。1日数時間のプレイでOKでした。


では、何でレベル上げるのか?実はクエストなんです。WoWの世界には種族のため、自分の愛する人のため、困っている人たちがたくさんいます。そんな方たちから、「自分でやれよ!」と突っ込みたくなるようなクエストをいただけます^-^
生れ落ちた村には、これから戦士として生きていくための試練のクエストがあり、そこでクエストをこなしながら装備を整え、戦闘の方法を学んでいきます。「次の村へ行け」という内容のクエをもらったら、初期村はいよいよ卒業です。
そんな感じでどんどんクエをこなし、世界が広がって、ついにはクエストログに収まらないほどたくさんのクエに悩まされるほどになります。


このクエストが、楽しいんですよね~~。英語がわかれば、もっと詳しく内容わかるのになぁ、と思いながらも、面倒なので文章斜め読みでやってます。中学生英語でも、なんとかなる!勘違いして放浪することも多いですが・・・


 あぁ、美しい!


そして、クエによってはじめて行く世界もあるわけで、そこの美しい風景にうっとりしたり、みたこともない巨大怪獣にびっくりしたり、湖の底にも遺跡があったり、ガゼルが群れなして目の前を横切っていったり、ウサギを追いかけている狼がいたり・・・
ここはゲームの中なんだから、全部プログラムで動かされてるんだってわかるんだけど、世界が生きてるんです!言いすぎかもしれないけど、そんな感じ。


まぁ、とにかくやってみれば、そのスケールにびっくりすること間違いなし!
自キャラの見た目がちょっと・・・・だけど画面上ではずっと後姿しか見えないのでキニシナイ!

テーマ:World of Warcraft
ジャンル:オンラインゲーム
2006年11月20日 (月) | Edit |

このブログをはじめたきっかけが、TWが楽しかったからで、その気持ちが失速している今は、記事も書く気にならないわけです。



でもTWやめつもりはないよ!ストーリーも気になるし、ちょっとずつでも進めようと思ってます。あいかわらず16歳のままですが・・・。


そんな理由でせかっく始めたブログをやめてしまうのも、もったいないので他のことも記事にしちゃおう~~と思ったですよ。


【いままでやってきた、オンラインゲーム】
UO、リネ2、WoW、MicMac、ローハン、ネオ・スチーム、TW (一週間以上プレイできたもの)
ストラガーデン、ロストオンライン、RF、ベルアイル、マビノギ、GE (数回のログインで終わったもの)


いろいろありますが、現在続いているのは、UO、WoW、TWのみ。TWについては前述のとおりなので・・・今回はWoWについて語ります。



WoW(ワールドオブウォークラフト)は米国産のMMORPGです。全世界で750万人(?)もプレイしている人がいるんですよ~~~。すごいすごい。そのすごさは、サーバ選択画面で思い知らされます。だいたい、多くて10サーバくらいあるのが普通だと思うのですが、WoWは数え切れないくらいある;;


ゲームの内容は、というとAllienceとHorde分かれての種族間戦争です。PvPサーバにいくと、保護された初期ゾーン以外は相手種族にみつかったら殺されます。いっぱい死んだのでイヤになりました・・・。そんな人のためにあるのが、PvEサーバ。ここでは限られた条件でしかPvPモードにならず、平和に安全に暮らすことができます。でも、WoWの醍醐味はPvPだと思うので、日本人もPvPサーバのほうにたくさん住んでいるような気がします。


日本人が住む、という書き方をしましたが、WoWは世界的なゲームであるにもかかわらず、日本ではサービスしてないんですよね・・・。なわけで日本でこのゲームをしようとすると、海外からパッケージソフトを購入(現在はダウンロードサイトあり)しなければならないし、中に入っても英語だらけ。もちろん、まわりは欧米人だらけ(一部アジア人も・・・)、とびかうチャットもすべて英語です。中学校で英語をリタイアした私には、とてもつらい環境といえましょう。


それでも!そんな私でも十分やる価値のあるゲームでした。こんなに感動したのは、初めて遊んだUO以来です。英語で書かれた説明書を読まなくても、感覚で使えるインターフェイス。めくるめく不思議な色合いの美しい世界。かゆいところに手の届く数々の仕様。もう、他のMMOぶっちぎりでナンバー1です。


ただ、使えるキャラクターが日本人好みでないんですよね~~。とくに、私の使っているHorde陣営は世のファンタジー世界では悪役と言われているキャラばかりです。Orcとか、Trollとか、Undeadとか!Tauren(牛)は美味しいから、例外ですw でも使っているうちに、愛着が沸いてきて、見た目醜くくても似合う装備にこだわったり。そうそう。装備の数もすっごいんですよ!誰一人として、上から下まで同じ装備の人いません。いや、750万人もいるんだから、探せば同じ人いるかもだけど・・・もちろん、見た目も違います。


WoWの紹介書いていると、きりがありません。一旦切ります~。

テーマ:World of Warcraft
ジャンル:オンラインゲーム
2006年11月10日 (金) | Edit |

むー。どうしよう。


新サーバ「ネニャフル」の経験値1.5倍イベントが終わってしまったというのに、まだレベル16のままなんですが。
チームリーダーはとっくに100越えてるし、他のメンバーも30、40台だというのに、すっかり乗り遅れてしまいました。


チームも相変わらずチャットは静かで、質問しても答えてくれませんtt
なんだか寂しくなってきました・・・。


まあ、チームはいつでも抜けられるし、できることからコツコツとしていくしかないかぁ。
そんなわけで、ミネさんたちと遊んできました。



遊んでると、意味不明な英文字羅列の人たちがやってきたので、一緒に写真撮影。サポートに報告しておきました^-^

2006年11月06日 (月) | Edit |

レベルも16になり、そろそろゼリッピ親分をやっつけられそうな気配です。
ソロ最弱の白ティチなので、おともだちのしーあ君(ボリス)と一緒にやることにしました。


指定された場所にいくと、イベントゾーンへ!パーティーで貸切になるのですねぇ。お互いがそれぞれのムービーを見終わり、いよいよ親分の探索開始です。



緑のゼリッピがいっぱ~~い!!!
わらわらと寄ってくるけど、どうやらこれ全部やっつけないと、ボスエリアへの入口が開かれないようです。でも、痛くないし二人いるので余裕です。


そしてついに!親分発見~~!!



ちょー痛いんですけど!!!


ボリスしーあ君は近接攻撃型なので、親分に張り付いてます。HPがガリガリ削られるので、ヒールだ、バリアだと近づくたび親分の範囲攻撃が当たって痛い痛い。
近づいてワイドヒール(あるいはバッフ)、急いで離脱して自分にリカバリ、近づいてワイドヒール(やばいときはPOT連打)って感じで親分には指一本触れることなく戦闘終了。絶対ソロ無理っぽかった。一緒にやってくれる人がいて良かった~~。


町にもどり、念願のチャプター1終了。続いてチャプター2の開始部分だけみて、あとは洞窟で経験値稼ぎすることに。


TWでは、狩りやイベントをクリアしてもらえる経験値をつかって、レベルアップやスキルを覚えます。スキルを覚えまくればそれだけ多くの経験値が必要ということになります。そしてレベル19までは、ナルビクフリマのNPCに5000seed払えば無条件でステータス&スキルの再振りができます。このスキル覚える必要なかったな、なんて時に、再振りすれば貴重な経験値を別のスキルアップに使ったり、レベルアップに使えるわけです。


そして、レベル17まで中に居られるダンジョンがあるのですが、ここがモンス沸き沸きでおいしいのです。この狩場で現在とれるスキル(この先使う予定のないスキルも)を全部MAXまでとることによって、楽して最大限の経験値を稼げる、というわけ。レベルが18になると強制で町にもどっちゃうらしいのですが、ここでお金を払って再振りして必要なスキルだけ取り直すと、だいたいレベルが19くらいになるそうです。



そういう訳で、経験値稼ぎ始めたのですが、覚えられるスキルが多すぎて途中でダウン・・・。めちゃくちゃ狩ったのに、ず~~っとレベルは16のままでしたとさ。

2006年11月03日 (金) | Edit |

TWには8人の個性豊かな主人公がいます。
プレイヤーは、この中から一人選んで、シナリオをすすめていきます。


なぜティチを選んだのか、お話しましょう・・・!誰にしようか悩んだら、これオススメ!


公式TOPから、「初心者プレイガイド」を読むことができます。
このガイドにオマケとして、キャラクター選択YesNoがついてまして・・・YesかNoか答えていくうちに、自分にぴったりのキャラがみつかるのです!


私の場合、ティチでした・・・。
まあ、仲間の補助に徹するのがむいてる性格なので、よかったんですけど。


ティチはティチでも、補助特化にしたいので白ティチを選びました。
そうそう。ティチには4種類くらい成長パターンがあるらしいです。


白ティチ 白魔法が得意で、補助や回復に向いている。攻撃力無し
黒ティチ 黒魔法が得意。アタッカー
灰ティチ 白と黒のいいとこどり。そこそこの回復力に攻撃力
殴ティチ メイスで殴って攻撃するタイプ


他のキャラもこんなに成長パターンあるんだろうか・・・。

育てていて、スキルやステータスの取りかた失敗しても、お金やアイテム集めれば振りなおしできるのが、いいところなんだろなぁ。ある程度育ってから、がらっとタイプ変えることもできるし。



2006年11月02日 (木) | Edit |

ソロでも楽しめる内容とはいえ、ひたすら黙々狩りもつまんない。
かれこれ3年?くらい続いている歴史もあるし、知らないことも山ほどあります。


そこでクラブ加入してみました~。はいってびっくり、リーダーLv84て・・・。
1週間で、そこまで上げられるんですねぇ。私は初心者なので、まだLv16なんですけど。あ、3人目だからか!
思ったより、チャットは静かで残念だったけど・・・週末はにぎやかになることを祈りましょう。


TWには、ストーリーがあります。シナリオに関連するクエストを進めると、イベントが始まりムービーが流れます。細かくチャプター1,2,3・・・というように区切られていて、予想では各チャプターごとに最終ボスがいます。
今週末は、チャプター1を終了させたいなぁ!

2006年11月02日 (木) | Edit |

見た目は2Dで、無料で、簡単そうな雰囲気なのに、キャラクターの成長にこだわってみたくなる何かが潜んでます。実際、前述したマリは3人目です。やっと納得できる娘になりました。


最近のMMOにはチュートリアルがありますよね?TWにもちゃんとあって、段階をクリアするごとに「初心者装備」をもらえます。この初心者装備を装備すると、画面キャラクターの頭上に「ルーキー」の文字が出て、ベテランの方にやさしくしてもらえます。
実際、足が速くなる魔法、何度かもらいました。ティチは全キャラ中一番の鈍足を誇るらしいので、非常にありがたかったです。ぽてぽて走るんだもん。ああ、かわいい。

2006年11月02日 (木) | Edit |

ネニャフル!


なんてカワイイひびきなんでしょう。 この新サーバの名前に、何か運命的なものを感じてしまったのです。 サーバ開始日。早速キャラクター作成。


名前:マリ(白ティチ)


戦いの日々が始まる・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。