--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年10月19日 (日) | Edit |

Lv30になると、星盤の力によって覚醒すると星鎧が勝手に装備されるんです。

そう、それはまるでヒーローの変身!

まず相棒が変身!
ピカピカです!
うお座なので、うお座の星鎧です!
魚っぽいです!
HPとかMPが一挙に4倍くらいになって、無敵状態。
ボス戦で発動すればラクラクなんです。

わたしも変身。
なんか恥ずかしいんですけど!
町中でちゅっちゅするより、やだなーこれ。

鎧がごつすぎて、顔が埋もれます。
まずいでしょ。

スポンサーサイト
2008年10月18日 (土) | Edit |

2回目の30到達。

以前より遊ぶ時間が少なくなってたので、なかなかなれませんでした。

コツコツためたお金で買った、テンプル(男)装備とワイズ(女)装備です。
色がはっきりしていて綺麗。

30メイジのレア装備はアカデミシリーズが可愛いんだけど、ワイズのがMID高めでプリには良い感じです。

次は35のエルヴンシリーズかぁ。
続けてるかな。

2008年10月13日 (月) | Edit |

このゲームが人気の理由でもある、ほしともシステム。
めっちゃ出会い系なシステムです。

キューピッドにどんな人とお友達になりたいか希望を登録して、1日に数回あるマッチング結果を待ちます。
希望とは、リアル年代とか現在のキャラレベル、性格などです。
無事、お互いの希望が合えばマッチング成功。
ほしともの誕生となります。

そのほしともと、一緒に遊ぶ特典がすごい。
まずバッフ。
最初は手の甲にキスというエモを2時間に1回、ひたすら毎日続ける面倒くさい作業がありますが、ポイントがたまればHPやMP回復速度などをアップするエモができるようになります。

また、1日でリセットされる幸福経験値というものがあって、敵を倒すと入る経験値が倍になるんです。
幸福経験値が上限まであがっちゃうと、その日は終わり。
でもまた次の日は経験値倍になるので…ラビリンスもぐるときは、かかせません。

さらに、ほしとも同士でPT組んで狩りをしていると、経験値とともにHTP(ほしともポイント??)がたまっていきます。
このHTPで女の子はお花を育てることができるのですが、このお花がまたすごい。

花は摘み取ると、素敵な頭装備との交換アイテムになります。
普通の装備品がいらないくらいの高性能装備です。
また、育てた花の分だけ「花の蜜」を1日1個もらうことができます。
花の蜜は消耗アイテムで、HPとMPを30%回復します。
30秒に1回使えるので、普通のポーションがいらないくらいです。

ほしともいる人と、いない人との差は歴然。

怖いのが、ほしとも本命とかいう存在。
なぜか3人作れちゃうんですよね。
お金出せば、もっと作れるらしいですが。
上記のHTP、二人ともにたまっていくんですが、お花を育てるのは女の子だけ。
男の子のHTPは女の子に渡すことができるので、二人っきりのほしともなら良いのですが。

3人ほしともがいて、本命の女の子が一人いたとします。
ほかの二人とHTPをためるだけためて、渡すことはせず、本命の子にだけHTPを渡す。

なんで複数人OKにしたのかなぁ。

2008年10月12日 (日) | Edit |

相棒とMMOするときは、基本ペア狩りなのですが。

ナイトとプリで、ちょっと強いクエストモンスター(1~3匹でグループ組んでる)をやってたら、ソロマジシャンが来たんですよ。
どうやら同じクエストっぽいので声をかけたんです。
OKということで3人で狩を始めました。

そうしたらね、ナイトが最初に範囲ヘイト入れたとたんに、マジは範囲魔法で敵を焼くんですよ。
どんどんタゲがマジに移っていきます。
まあ、ソロでやろうとしていた敵ですから(実際レベルも1つ高かった)、余裕なんだろうとあまり気にせずヒール入れてました。
このほうが効率いいのかな、と思って。

めでたくクエストが終わったところで、マジが近くの英雄のクエもやりたいと言いまして。
ちなみに、英雄ってのはラビリンスの一番奥にいるようなつよ~いボスモンスターです。
英雄×1、精鋭×2(精鋭も結構強いです)出るんですが以前、ペアで終わらせてたこともあったので3人なら余裕でしょってやることになりました。

いやな予感してたんでしょうね。
相棒のナイトが戦闘開始前に一言。
「最初に範囲はやめてね。ナイトがタゲってるの、順番に片付けていく感じで。確実にいきましょー」
「は~い!」
と明るい返事。

そして開始直後。
いきなりナイトとマジのタゲがばらけてます(笑)
混乱するプリ(笑)
二人同時にガリガリHP減っていくもんだから、ミラーフォース(攻撃吸収バリア)をかけなおしたり、ヒールしたりしているうちに気がついたら灰色の世界でした。
あーあ。

その後、ナイトがキューピッドシステムでゲットできる強力回復アイテムがぶ飲みでしのいで、わたしを除く二人でクエスト完了。
「わたしも補助に徹すればよかったのかな~」と反省するマジ。
タゲさえあっていれば、本気だしてもらっても全然大丈夫だったんだけど・・・tt
もう一度やろうとマジは言ってくれたのですが、もう御免と思いレベル上がってからやるわーとお断り。

やっぱり知ってる人とでなきゃ、PTは嫌だなぁと思った一日でした。
ちなみにその後ペアでクエストやりなおしました。
二人のがかなり安定してました・・・。

2008年10月05日 (日) | Edit |

以前、二人のBOTと思われるキャラクターに、狩りを手伝ってもらったことを書きましたが、久しぶりにそこへ行くと五人に増殖していました。

真ん中下が、わたし。
あとは全部その場に張り付いて一歩も動きません。
回復役一人に、あとは全部ガンナー。

さすがにターゲットとるの難しくて、協力してもらうのはあきらめました。
しょぼーん。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。